TonoArika

diary

いつでも

話したいときに話せる人

 

淋しいときに会える人

 

たまには意見をぶつけ合い

 

お互いを理解しあい

 

ともに歩む

 

そんな人がそばにいれば

 

それだけで人生はずっと春だろう

 

ただ

 

なかなかそれに気づかない

 

一緒にいる時間が長くなれば

 

当たり前と思い

 

一人に憧れる

 

たまには

 

お互いに距離を置くことで

 

どれだけ自分が幸せものか

 

感じられるのではないだろうか

 

たまには

 

思いきって

 

失ってからでは

 

後悔してももう遅い

 

視線を落とせば

 

色とりどりの花が咲き

 

今は

 

顔を上げれば

 

ピンクの桜が癒してくれる

 

少し足を止めて

 

心を落ち着けよう

 

そして

 

そばにある

 

大切な人たちのことを

 

改めて

 

想おう