TonoArika

自分の考えを、自分自身が知るために書いてます。

ころころ

道端に

 

セミの亡骸が

 

転がってる

 

生き抜いたのね

 

鳴きぬいたのね

 

そして夏が終わってくのね