TonoArika

diary

朝から

人は

 

たった一人

 

心を許せる相手がいるだけで

 

生きていけるものなんだなって

 

朝から思った

 

 

どんな朝やねん!

 

と、突っ込んで仕事へ