TonoArika

自分の考えを、自分自身が知るために書いてます。

師走

師走らしく1日から怒涛のように忙しい

 

閉店前のバーゲンセールのように

 

2017年が終わってしまう前に

 

ラストスパートといった感じだろうか

 

昨年の年末

 

自分は何かの殻中から出たくて出たくて

 

もがきまくっていた

 

あーでもないこーでもないと

 

どこかに答えがあるんじゃないかと

 

本屋に行っては、たくさんの人の思想に触れた

 

新しい人に出会って

 

たくさん刺激をもらい

 

芸術に触れ、そこから何かを感じようとした

 

全てが自らのアプローチだった

 

どうにかしないとという気持ちでいっぱいだった

 

でも

 

今年は穏やかだ

 

全ては起こるべくして起こっていると

 

少しずつ気づき始めてる気がする

 

やっぱり違うのではないかと

 

夢物語を幻想を抱いているのかと

 

自分のことを不安に思うこともあるが

 

どこかに確信的なものも感じる

 

おそらく

 

間違えてはいない

 

そして

 

自分人生に責任を持つこと

 

向き合うことがとても大切なんだと考え始めた

 

だが、それはとても恐ろしくもある

 

誰の何のせいもできず

 

ただ全てを受け入れる覚悟

 

流れに身をまかせる決心が必要だから

 

何もしないわけではなく

 

何かをしなければならないということもない

 

この矛盾のような歩みを