TonoArika

diary

恋愛映画

「僕は明日、昨日の君と‥」

 

小説は読んでて、内容は知ってたけど

 

映画版を見てみました。

 

時間軸の違う二つの世界に住む男女の物語

 

ありえそう

 

そもそも、時間は本当に時計の針のように前に進むだけなんだろうか

 

意識できるのは今だけなのに

 

ぼーっとしてたらあっという間に過ぎ去ってく

 

過ぎ去るっていう表現も正しいのかな

 

「インターステ‥」だったかな

 

その映画も、時間についてだったと思う

 

重力によって時間の進み方が違うっていう

 

世界は想像以上に面白いんじゃないかって

 

思ってしまう