TonoArika

自分の考えを、自分自身が知るために書いてます。

頭の中

月を想えば、心に虹

やっと出会えた、大切なあなたへ

 

お金に関する本を読んでいたら

 

子供の頃にあったお金の出来事と

 

向き合う流れになった。

 

お金が貯まったら、派手に使う

 

お金は天下の回りものという父

 

その父に振り回され、

 

将来や育児費用に関して不安を口にする母

 

祖父が亡くなった時に

 

家から出て行けと言った叔母

 

悲しく辛い記憶が蘇る

 

 

でも

 

父は人のためにお金を使っていた。

 

貯まったお金で

 

親戚の人たち、20人くらいを一泊旅行に招待したり

 

阪神大震災の時

 

遠い親戚の老夫婦のところへ行き

 

寝たきりのおばあさんの枕元に

 

お金を置いて行く姿もみた。

 

いったいお金とはなんだろう。

 

いったいお金とはなんだろう。

 

 

私の中のお金に対するネガティブ感情を

 

もう少し解放する必要がありそうだ。

 

 

いつも心は、あなたとつながっていると信じて。

空の輝き、雲の流れを眺めながら、

あなたが笑顔でいると信じています。