TonoArika

自分の考えを、自分自身が知るために書いてます。

藍の書より

月を想えば、心に虹

やっと出会えた大切なあなたへ

 

藍の書(著:辻麻里子)より抜粋

「皮肉なことに、

 

人が本当に守りたいものは、

 

自分から一番遠くに離れているものだ。

 

しかし、

 

目の前にいる見知らぬ誰かのために、

 

惜しげものなく手を差し伸べるとき、

 

結果的には、

 

遠くにいる大切なものも一緒に救うことができる。」

 

 

いつも心は、あなたとつながっていると信じて

空の輝き、雲の流れを眺めながら

あなたが笑顔でいることを祈っています